校長挨拶


子供は大空に高く、大きく盛り上がる雲に似ています。照りつける夏の太陽によって、どんどん形作られる雲、 真っ青な空の中で繊細で透き通るような雲、ぽっかり、ゆったりと浮かぶ雲、その時々の状況で変化し、 その雄大さに心を奪われ、時間も忘れてしまうほどです。

子供たちにはいったいどんな将来があるのでしょう。他者と共に生き、社会に貢献する人間、そのような人間に成長する 可能性を子供たちは無限に秘めています。この可能性は日々の弛まぬ努力、継続によって、培われていくと考えます。 努力なしには残念ながら何ひとつ実現しません。

わたしくたちは、子供たち の可能性を最大限に引き出すために、一人ひとりの個性をいかし、発達段階に応じた教育を目指しています。 小規模の学校という長所をいかし、教師と保護者の方々と密に連絡を取り合い、必要であれば、いろいろな配慮をしております。

独自の夢を追求しつつ、国際社会に羽ばたく力を育む子供たち、それがハーグ・ロッテルダム補習校の生徒の姿です。

ハーグ・ロッテルダム補習授業校 主任 鈴木弘子